2007年10月31日

一人suedeのKOOK

KOOKという日本のアーティストがいるのをご存知でしょうか?

言うなれば「一人suede」な方で、
日本語をあたかも英語の様に、
しかも初期suedeブレット・アンダーソンばりの「あは〜ん」な
ボイスで聴かせてくれるのです。

suedeを聴きこみ過ぎて新たな曲が欲しい!と思っていた矢先に
the beautiful scumというアルバムを聴いたのですが、
まるでブレット&バーナードの黄金コンビ継続のままで
suedeが3rdアルバムを出しました〜!といったクオリティで、
(とはいえギターはどちらかというとバーナードを引き継いだリチャードっぽいですが)
どっぷりと浸ってしまったというわけです。

今のブレ兄も渋くて好きですが
「あは〜ん」な頃に戻って欲しいですなぁ、切に。
グラムロック万歳!

タグ:kook Suede
posted by 車輪の真上管理人 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

KULA SHAKER来日!

友人から聞きました!
KULA SHAKER来日します!

以下引用

06年に待望の復活を果たし、今年6月には遂に8年ぶりのオリジナル・アルバム『Strangefolk』をリリースしたUKの人気バンド、クーラ・シェイカーによる単独来日公演が決定しました! 今回、開催が予定されているのは東名阪の全3ヶ所。

チケゲットぐわんばる!



タグ:Kula Shaker
posted by 車輪の真上管理人 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

回復する夜

日曜日 新宿にて。
キュアー仲間Mちゃんと一緒に
The Cure Night行ってきました〜

■THE CURE NIGHT 〜Remember NAEBA !!!〜■
2007/10/21
Club Acid

ニューウェイブ系のイベントがちょくちょく開催されてる場所らしいですー
うわーいいないいな!もっと早く知ってればよかったー!
たまーに前を通るくらいで、初めて入るお店。
どきどき!

お店の前

店内

ぎゃー!スクリーンを見たら悶え死ぬ!!!と
Mちゃんと騒ぎまくり!

気合い入れてフジロック仕様のロバスミTシャツ着てったら
同じTシャツの方がいてテンションUP〜!

ニューウェイブの名曲群を挟んで大好きなキュアーが聴けるなんて幸せすぎです!
何気にThe SmithsのThe Boy With The Thorn In His Sideのアレンジにしびれましたー

途中トイレ行こうとしたら
The Caterpillar流れてきて思わずフロアに戻ったさ。
Mちゃんに爆笑されたさ!
そんなMちゃんはNINのthe hand that feedsがかかった途端に
テンションUPして大変な騒ぎでしたよ!
(NINは現メンバー解散したんで色々感慨深いんですよね〜)

楠本まきの「Kissxxxx」読んだとき(高校の頃やね)から密かな夢ありまして。

カノンとかめのちゃんがハロウィンパーティーで
「The Lovecats」かけて踊るシーンがあって
超楽しそう!思ってたのでございます。
で、The Lovecats流れてきて、
時期的もぴったりだしまさにそんな気分で
一人でキュンキュンしましたよ。

トイレ待ちしながらフジロックの話で盛り上がりました。
もうすぐ3ヶ月たつんだぁ。
あの夏の日の夜の事は今でも鮮明に覚えてて
一生消えない思い出だなぁと思います。

だけどそれを更新していかないと
”Pictures of you”にしてはいけないよね。
単独来日公演とか、勇気とお金がありゃ海外公演だって見にいけるんだし!!
(とはいえ日本で観る事に意義があると思うのですが。)
ライブの思い出をどんどん追加していきたいのでございます!

最後はキュアーだらけの40分だったらしく、
途中で帰らざるを得なかったのが悔やまれます。
次は最初から最後まで居座る所存でございます!
タグ:The Cure
posted by 車輪の真上管理人 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

The Cure Night

新宿のCLUB ACIDにて
The Cure night参加してきました。

フジロックの余韻さめやらぬといったところで
初対面の方とも仲良くお話できて、
キュアーの名曲を聴けて幸せな空間でした。

ぜひ今度は単独で来てほしいですね〜!
タグ:The Cure
posted by 車輪の真上管理人 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

ROCK YOU!

デヴィッド・ボウイ聴いてたら
懐かしいこの曲でスイッチオン!

映画ロック・ユー!のBGMに使われた
Golden Year

ロック・ユー!のサントラはオススメです
Thin LizzyのThe Boys Are Back in Townとか
We Will Rock You/QUEENとか、
Crazy On You/HEARTとか、
Get Ready/RARE EARTHとか
I Want To Take You Higher/SLY & THE FAMILY STONEとか、
とにかく映画も音楽も心躍る!!
久々に観たくなった!ヒース・レジャーは最高です!!


posted by 車輪の真上管理人 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

Live And Rare

My Chemical Romanceがミニアルバムを出すそうです。
日本版のみ。

11月21日ミニアルバム「Live And Rare」

新譜は2009年まで待ちましょう〜
posted by 車輪の真上管理人 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

MCRとかマイケミとか

新譜は2009年になるらしいという噂がでてるので

2ndを聴きなおしてます

良い意味で躁鬱ソング集。
今限りなくダウナー状態なので凄く心地いい。

ダウナーなやつに頑張れは禁止です。
かわりにこっそりマイケミのアルバムを与えるといい。

Thank you for the venom!!


その昔、
メンヘラの友人のオヤジがロックファンで
白髪で弛んだ腹を抱えながらロック聴いてて
おいおいよせよ、いい年こいて
人の親になったのにまだモラトリアムにしがみつく気か?
自分じゃ訴えることもできないから
アーティストに代弁してもらってそれて満足かよ?
なんて思ってたのですが

自分も変わらないじゃないか。
どんどん年とって、でも
いつまでも若いロックにしがみつくんだぜ〜


でもサマソニがブレットやマニックス目当てだったとこでもう
立派なロートルだな…
posted by 車輪の真上管理人 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

パクリの神様

久々の更新。


漫画も音楽も既に出尽くした感が否めない昨今、
既存のものから自分たちなりに咀嚼して消化して新しいものを作るセンスが「才能」だと思うわけで、
例えば日本のシューゲイザーと海外で謳われてる
「Plastic Tree」なんてまさにそれ。

で、コールドプレイが
「レディへやマイブラパクってます」発言をしてるんだけど、
これって実際それなりの才能と実力がないと言えないことだなぁと。


「パクる」って言葉で言っちゃってるけどに
要は同じレベルの演奏は楽々できるという自負だからね。


自分に置き換えたら
「丸尾末広パクリました」とか、そういうことでしょ?

無理です!恐れ多いす!
パクリと認めてもらえるレベルにすらいません!!


というわけで、
コールドプレイの新作ちょいと気になりますな〜
posted by 車輪の真上管理人 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

ふっとんだ!

futonimg01

futonimg02

futonimg03

FutonのApple Store 渋谷ライブ見てきました。

現在の正式メンバーは
GENE(vo)
Bee(Gt)
OH+(bass)
SIMON(dr)

さてさて、客層はさまざまでした。
Beeことポール・ハンプシャー(元パナッシュ、サイキックTV)の
往年のファンな方から
おいらみたいなsuede好きのサイモンファンから
タイの人気女優OH+(オー、アタックナンバーハーフにも出演)目当てのおにいさんから
抜群の歌唱力を誇るGENEファンの方まで。

アコースティックライブだったので
サイモンのドラムを聴けなかったのですが(至極残念!)
少ない機材であれだけのパフォーマンスに驚きました。
あー、ちゃんとライブみたいなぁ!
残りは7日だけか。残念。


動画ではサイモンの音が死んでます。
残念…

デビュー曲
The Stoogesカバー
「I WANNA BE YOUR DOG」

有名な曲ですね。

タグ:FUTON Apple Store
posted by 車輪の真上管理人 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

Futon〜

Futonのアップストアイベント観てきました。

サイモン、髪染めてました。
アコースティックバージョンだったので
サイモンのドラム聴けず…(泣)

詳細は後日アップします〜
posted by 車輪の真上管理人 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アポロンとデオニュソス

ある人の日記に「デオニュソス的」な物を天才的と崇めるのに
なぜ「アポロン的」なものは軽く見られてしまうのか?ということに
疑問を持った、という記事があって。

楽器をがむしゃらに弾いたり、汗をだらだら流しながら、
たまには叫んで、壊してみたりして、
そういうのが
「かっこいい」とか
「天才だ!」とか
言われがちですよね。うん。

多くの人の目にさらされるステージ上で
ある意味自慰行為にも似た陶酔状態を
惜しげもなく見せつける様は確かにまねできない。
だけどどうでしょ?
理性的にプレイするのに何か問題があるのでしょうか?
視覚的な煽りがないと音の善し悪しがわからないほど
私たちの耳ってうまく出来てないものでしょうか?

私が良く聴く音楽はシューゲイザーと呼ばれていたりして、
ライブ映像をみてうわーやばい!とか思う類いじゃないかもしれないですが、
でも内に秘めた「デオニュソス的」な激情はむしろハンパなく押しよせてくるわけで。

むしろ隠してるからタチ悪いわなぁと思ったり。
特に私は英語がからっきしなので、
後からじわじわと滲んでくる(笑)

MUSEのライブを1度だけみたことがあるんですが、
彼らのライブには小手先の映像とか、
パフォーマンスは要らない気がしました。
でもそれが「手段」であるなら仕方がないのかもしれませんが。
折角の美しい激情が下品に見えてしまって仕方がなかったんです。

とはいえ
例えばライブを観に行ったのにMC無しでそのまま弾くだけ弾いて退場されたら
なにか釈然としない部分もあるわけで、
見返りではないけどやっぱり「デオニュソス的」なパフォーマンスを期待する
部分も無きにしもあらず。というかあるんだ。うん。

話がずれました。
音そのものとパフォーマンスはまた別の話だと思いますがついつい。

だから思うんですよ。
内向的で理詰めた曲が決して退屈であったりとか
ミニマルであったりとか
暗かったりとか
激情的でなかったりとか
そんなことはないんだって。

キュアーとかライドとかじっくり聴き直していて、
切にそう思うんですよ。
posted by 車輪の真上管理人 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

BGMの必要性

何か創作系の作業をしてる時
必ずそこにはBGMがあるなぁとおもうわけで。

逆に言っちゃえば
適当なBGMがみつからない仕事はてんでお話にならない燃えないゴミになるわけで。


いくらイラストが描けるからといって
ベビーをもつマザーの気持ちになってモノ作れと言われてもぱっとしないし
適当なBGMがこれっぽっちもみつからない。

辛うじてペットショップボーイズのカバー曲くらい?
(しかも半分U2)

私がいつも聴いてる曲は
「I can't fined myself」な曲ばかりですよ。


創作活動は数字や文章の組み立てとは違ったところでものを考えるので
普段死んでる意識が敏感になってる気がします。
その意識の中に滑り込んできて
自分が「トラウマ」と意識してない意識に訴えかけ
自我を崩壊させられる感覚を
擬似的に体験するのが好きで
(もちろん実際価値観が崩壊する曲もある)
その状態に陥ると
自分の身を守るため他者とコミュニケーションをとるために発達した五感はもういらないや〜って感じになるんです。

その状態で人と話したり
創作活動をするのが好きです。
ちょっと電波ですか?歩み寄りたいんです。


逆言っちゃえばそうやって神経を過敏にさせ擦り切らせた状態でないと
創作活動なんて出来ないと思います。
人と話すもの一緒です。
普段から普通に他者と接する事ができるなら、
何もブログで吐き出す必要はないのです。


話がずれました。

いっそのことそれを見た子供が卒倒するような
トラウマサブリミナルデザインで攻めるか!
無理だけど。
posted by 車輪の真上管理人 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふ、ふとんが…

今週の金曜日、
FutonがApple Store 渋谷でパフォーマンスをします。
10月5日(金)8:00 p.m.〜

Futon来日ブログらしい


http://www.rehabisfab.com/
http://www.avexnet.or.jp/futon/

ドラマーは元suedeのサイモンです。
そのうち雑誌レポとかやるのでよろしく!
デジロック+UKサウンド。たまらないですねー。

サイモンのドラムには何度もお空へ持ってかれたので大好きです。

何気に元suedeの中で一番ブレイクしてるかも(笑)
ブレ兄は落ち着いちゃったからな〜

おいらこれちょっと観に行こうと思ってます。


Futonに関係ないけど最近おきにいり
Ride Vapour Trail


posted by 車輪の真上管理人 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

Disintegrationー崩壊する価値観

Disintegrationー直訳すると崩壊
「死」「破壊」には甘美な夢がつきまとうけど
このアルバムはどちらも見せてくれるんです。
そして、それ以上の想像できない世界をみせてくれるんです。

さて、
音が見せてくれる世界というものは
ある程度予測できるところまできてしまっている気がします。

例えば、
音楽番組のランキング上位にあがるポップソングなら
自己投影の末にみる美化した現実を

クラブミュージックならエキセントリックでファンクな幻覚を(これも既に出来上がった先入観の上の幻覚ではあるが)

で、
私の中では躍進が感じられる音楽には
「定義」というものがあって、
それは良くも悪くも上記の様な予測を
裏切ってくれるものだと思っているのです。

その点で言うと、
「Disintegration」は
それらの予想を根本から覆してくれる、
音楽的躍進の感じられる一枚なのです。


ミニマルサウンドが向かうべき方向から外れて
また別のベクトルへ乗っけてしまった感じというか、

眠ってる脳みそのデッドスペースに
ふっと甘美の神様が降りてきて
その神様が黄昏れ憂いながら描いた世界に
誰かがBGMをつけたとか。


とにかく言葉にできないんです。
だって私の想像の域を外れてしまっているんだから。


たとえばストレートな日本語でしか想像力をかき立てられない人、
普段から与えられたキーワード(愛してるとか切なくてとか君が好きとか)と自己の経験を結びつけて
想像することしかしていない人に、
いきなりこのアルバムを与えても
恐らくは一度聴いて飽きて捨ててしまうと思います。

訓練とまでは言わないけど、
一度心と頭をからっぽにして聴いてみるといいと思います。

言葉ではなく、
感覚として強迫観念がおしせまってくる様な、
ある物を見た瞬間のフラッシュバックみたいな
パニック障害に陥った時の様な
あの感覚。

私は音楽に詳しくないのでアレンジがどうとか
ギターリフがどうとかリズムがどうとかという
むずかしいことはわからないのですが、
「実体験」として「Disintegration」触れて、
このアルバムが相当ヤバい、ということだけは
分かるのです。



そんなわけで今日は一日、
Disintegrationー崩壊する価値観に
酔いしれてみようかと思う次第なのでございます。



posted by 車輪の真上管理人 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

FUTONがふっとんだ

先の記事でFUTONも連れてきちゃえ!なんて書いたら、
来てるのね、日本。

http://www.rehabisfab.com/

10/4 CLUB ASIA (FULL BAND LIVE+GENE ELECTRO PA)
1500 YEN / OPENS 23:00 PERFORM 25:00(FULL BAND) 27:00(ELECTRO)

10/5 APPLE STORE SHIBUYA (BAND LIVE+GENE ELECTRO PA)
FREE EVENT STARTS from 20:00-20:40

10/5 SPACE SHOWER TV DAX show (GENE ELECTRO PA )
LIVE MUSIC PROGRAM in WEBSITE


10/6 LE BARON (FULL BAND+GENE ELECTRO PA)
Members only

FUTON will perform 24:00(FULL BAND) 25:30(ELECTRO PA)

10/7 SOFT (BEE DJ / GENE ELECTRO PA)
OPEN 24:00-
JEAN NIPON PARTY
タグ:FUTON
posted by 車輪の真上管理人 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これがぼくの愛 これがぼくの心臓の音

去る9月29日に
My Insatiable Oneな
brett andersonが
40歳の誕生日を迎ました。

そんなわけで
最近のブレ様あつめました〜

サマソニ東京
http://jp.youtube.com/watch?v=ah9ofBelGWU
http://jp.youtube.com/watch?v=vUDoHvBzxDM

最前列で鼻水垂らして泣きながら聴いてたキモヲタは私です。
ドン引きありがとうございます。

サマソニ大阪
http://jp.youtube.com/watch?v=3C0os8VdBtw
大阪会場は近くていいなぁ

香港のソロライブ映像はいっぱいありすぎて割愛。

suedeはアジア圏で人気があったから
今だに香港・韓国・シンガポールあたりで人気ですねー。
でもどの映像を見てもマットのストイックさには泣けてくる。
いっそブレの存在を無視してしまっている様なストイックさだ。

バニ在籍時代の曲は流石に封印してました。
そんで彼は何故かCan't Get Enoughが好きだ。異様に好きだ。
あとやっぱりソロよりsuedeの曲の方がノリノリだ。
これはもうリチャードとニールをひっぱってくるべきだ。
あと彼氏とラブラブのサイモンもいっそのことFutonメンバーもろとも
ひっぱってくるべきだ(笑)

寒くなるとTears聴きたくなりますね〜
Tearsの楽曲は個人的に好きなんですが
バニに気を遣いまくってるブレはあんまり見たくないのが本音です。

寒い季節はTears!な映像です
http://jp.youtube.com/watch?v=IfhrngJsago
君は土埃 僕は雨〜
君と僕は人生の逃亡者〜
だけどボニーとクライドみたいに自由なのさ〜

http://jp.youtube.com/watch?v=RMNEPM8LBVc
だって僕たちは恋人 恋人同士〜
二人のする愚かな行為が若さ故の軽率さを思いださせるのさ〜

http://jp.youtube.com/watch?v=zggTilbOGc0
(鼻血垂らした映像)

だけど君がついてくるなら僕は君のあとについて未知の領域に入っていこう
まるでアポロ アポロのように二人は爆発するんだ

Like Apollo ,like Apollo 13 we'll explode

Here
Come
The
Tears!!




タグ:音楽
posted by 車輪の真上管理人 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。