2008年03月01日

【音楽】生まれ変わるその日まで、有難うサヨウナラ

TS3H0029.jpg
Syrup16gラストライブ
Live Forever


土曜日なんて来るわけない
ただ迷っているばかり〜


歌ってる場合じゃない
一週間前まで忘れてて多大なるご迷惑をかけた某です。

終わっちまった。
終わっちまったよシロップ。
また一つ、日本から偉大なバンドが消えました。

でも楽曲は永遠です。愛すべき作品です。
某はシロップに何度も救われました。
だけど某がシロップに出来ることは解散を受け入れ繰り返し楽曲を聴くことだけです。
多分これからも何度となく救ってくれるでしょう。
某はその度に何度も何度も繰り返し聴き続けるでしょう。

最後に相応しい良いライブでした。

だけど、受け入れつつも某は待ってますよ。
【Reborn】するその日を。
次はsugar16gでw


Rebornしたその時には、
またライブハウスで会いましょう。
posted by 車輪の真上管理人 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

爆音の神様降臨!!

サマーソニック08 出演アーティスト第一弾発表!

コールドプレイ、ザ・ヴァーヴ、セックス・ピストルズ、プロディジー、ジーザス&メリー・チェイン、パニック・アット・ザ・ディスコ、マキシマムザホルモン、ゼブラヘッド、POLYSICS…

Panic! at the Disco万歳!
何気にMCRのFANになってから気になってたんだ、この人たち。
つかMCRは出ないのか!?

とか現実逃避してる場合じゃない。

ちょ、

キキキキキキキター!
ジーザス&メリーチェイン!!
ちょ、これガセじゃないよね!?ほんとだよね!?
やばい去年もこれくらいと時期にキュアーの来日に浮き足立ってたけど
今年も夏まで死ねない。

サマソニの若〜い雰囲気に合うんかな?
サマソニマナー悪いから(良くも悪くも若い人向けのフェスなので)
ちょっと微妙だけど去年みたいに熱中症でハイになりながらがんばるか〜

絶対聴きたい曲

■Just Like Honey
映画「ロスト・イン・トランスレーション」挿入歌

■Some Candy Talking

■Darklands
As sure as life means nothing And all things end in nothing
And heaven i think Is too close to hell
あれ?この曲が一番好きかもしれない。

■Snakedriver
映画「CROW」サウンドトラックにも収録されてます。
このサントラ、1曲目がキュアーでたまらんのよね。

April SkiesとかUpside DownとかHead OnとかSometimes Alwaysとか
いかんなぁワンマンやらないのですか???

これでフジにレディへとか言ったら泣く。今年も散財。
posted by 車輪の真上管理人 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

ミスター・ロンリー アレックスという名の蜃気楼

ミスター・ロンリー

「ガンモ」の監督、ハーモニー・コリンの久々の映画ですな。
これ、観にいこうと思ってチェックはしてたんだけど、
キャストを見ておどれーた。
レオス・カラックスとドニ・ラヴァンが共演ですって!?

説明しよう、レオス・カラックスとはフランスの映画監督。
で、ドニ・ラヴァンはフランスの俳優。
ドニ・ラヴァンはカラックス監督の「アレックス三部作」の主演を演じている。
レオス・カラックスは寡作な監督さんなので
ドニ・ラヴァンが出演していない作品は1本だけしかない。
ポーラX。これは知っている人も多いのでは?

ちなみ「アレックス三部作」とは

  ボーイ・ミーツ・ガール 1983
 汚れた血 1986
 ポンヌフの恋人 1991

ART-SCHOO木下氏はレオス・カラックス好きなんじゃないかなと思う。
まぁそれは余談で、
「汚れた血」は思春期の某の心をブッさしてかっさらったままです。
未だに作業中のBGMとしてかけっぱなしにしてます。

一時期すんごいフランス映画かぶれたことがあって、
ルイス・ブニュエルから始まって
ジャック・タチ
ジャン=リュック・ゴダール
フランソワ・トリュフォー
ジャン=ジャック・べネックス
リュック・ベッソン
レオス・カラックス
ジャン・フィリップ・トゥーサン
ジャン・ピエール・ジュネ
フランソワ・オゾン
この辺の監督の作品は観まくった。
最近は
「橋の上の娘」「八日目」「ある子供」「息子のまなざし」「月曜日に乾杯!」
などのカンヌ・ベネチア映画祭受賞作は一応チェックしてる。
けど2000年以降はあんまり面白くないなぁと思う。
posted by 車輪の真上管理人 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

御大よ御免、馬鹿映画に走る

■週末は御大バートン氏の「スウィーニー・トッド」を
観るはずだったけど、レビューをみたら
「気分が悪くなった」との感想が多くて軽く目眩を起こす。

■つーことで代替案。
「俺たちフィギュアスケーター」観てきた。
http://oretachi.gyao.jp/

すんません御大!!!!
でもうちら観なくても興行に差し支えないっすから!!

ミクシのニュースにあがった頃から観たいと思ってたのですよ〜
つーわけで渋谷、薄汚くて最低な街。
そんな渋谷のシネマGAGAでやっております。

愛すべき馬鹿とか才能の無駄遣いとかそういう言葉がぴったりです。
ドリームワークスの技術を駆使した感動巨編でございます。

サウスパークファンの某としては
ブライアン・ボイターノが出てくるだけで大興奮なのだが。
名選手が本人役で出てくきてしまう恐ろしきクオリティ。

What would Brian Boitano Do?

どこからどこまでCGか探るのは3DCGモデリングやってた者のサガらしい。
この映画の場合あえて馴染まそうとはしてなかったけど。
あの作り物くささがたまらないですな。


■で、主演のウィル・フェレルの前作をチェック
「主人公は僕だった」
邦題のダサさ加減にうんざりしてレンタルしなかった作品でしたw
良く出来たシナリオだと思います。
俳優ってすごいね。全然コメディではないぞ。

posted by 車輪の真上管理人 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

【映画】ヒース、お前もか

つい最近ブラッド・レンフロが他界したばかりで
またも悲しいお知らせ。

オーストラリア出身のハリウッド俳優、
ヒース・レジャーが22日、マンハッタンの自宅マンションで亡くなったそうで。
薬物乱用てお前もか…


ヒースと言えば映画「ROCK YOU!」
シン・リジィやクイーン目当てで観た映画だったけど、
最終的にヒースに惚れてますた。

ウィリアム・サッチャーは当たり役だったよね。
ジェフリー・チョーサーの演説シーンも鳥肌だった。

つい最近、某古物商の方と
大河風林火山の話をしていて、
最終回で勘助を囲んで覗き込むシーンは
「ROCK YOU!」のラストシーンをパクったのではないかと話たばかり。
いやパクったと言うと聞こえが悪いが、
要は大河も若い感性を感じられるようになったというわけですわ。

そんで久しぶりに見直して、やっぱりヒースはいいなぁなんて思ってたのよ。
何この虫の知らせ。


「サハラに舞う羽根」は新宿の武蔵野映画館でみたなぁ。
ウェス・ベントリーの睫ばかり観てた気がするけどw
サハラ〜のヒースはワイルドでこれまた格好よかった。


天の邪鬼な某は好きな俳優が人気になると一気に覚めます。
そんなわけでサハラ以降はチェックしてませんでした。

特にヒース・レジャーの場合は、
「チョコレート」で演じたナイーブな青年看守のイメージもあり、
隣に住んでる優しいお兄ちゃんっぽい親しみやすさが好きだったのですよ。

今日の気分はsuedeの2ndアルバム「DOG MAN STAR」より
「This Hollywood Life」か
「The Asphalt World」で決まり。


素敵な映画をありがとう。ご冥福をお祈りいたします。
posted by 車輪の真上管理人 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

英国王子Kula ShakerAX降臨

さて、2008年ライブ一発目。
Kula Shaker 渋谷AX

昨年のフジロックでは2日目に出演だったので
見られなかったのですよねーリベンジ

クーラさんは激しいノリじゃなくて
こう、オリエンタルな気分の中で
半覚醒状態でゆる〜く聴くもんだと思ってたのですが、

前半のモッシュエリアの盛り上がりは異常w

黄色い悲鳴、や、そりゃあカッコいいけど。
そんなノリなのか?そうなのか?
ルックスはこの際どうでもいいというか、
本当に音楽しか聴いてなかったクチだから正直びびりました。
まぁ自分も「王子」とかタイトルつけてるけどさ。
だってクリスピアンの髪の毛サラサラキラキラなんですものw

予想外の展開でヒートアップした体を冷やすため、
上着を脱ぎ半ソデに。
一応半ソデの用意はしてたけど、汗かいたら後が辛いので、
モッシュをよけて程よいバーにもたれ…

某は半覚醒状態でまったり聴かせていただきましたよ。
途中ちょっと眠くなってなんかいないぞw
甘くみててごめん!やっぱKula Shaker好きだわ。
楽しかったよ大好きだよ〜


ラベル:Kula Shaker
posted by 車輪の真上管理人 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

レンフロ、最近見ないと思っていたら…

マイ・フレンド・フォーエバー
セブンティーン
ゴールデンボーイ

(忘れちゃいけないバイオハザード2のCM!)

某の青春を彩った映画たち。

同世代の俳優ということで
中学生の頃から好きだったブラッド・レンフロが
亡くなったらしい…


なんだか子役の転落劇を絵に描いた様な最期だ…
切ない。

死因は公表されてないけど、おそらく、あれだろうな。
ポスト・リバー・フェニックスがリバーと同じ様な最期とは皮肉なものですなぁ…



今日の気分はsuedeの2ndアルバム「DOG MAN STAR」の
「Daddy's Speeding」あたりがぴったり。
posted by 車輪の真上管理人 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

【映画】田園デ、無受想行識ハ短調

ブリットポップ占いではマニックスの某です。
ミニスカートのニッキー・ワイアーに
土下座で応じる方向でよろしいでしょうか?

やっとこさ【田園に死す】を観る。

借りたくても無い。
買いたくても廃盤。
プレミアついて中古もオークションも高額。
で、ディスカス頼りでようやく自分に番が回ってきたってわけ。
それすらもまるで偽りの様な。
偽りとは人の為す事か!
健全な若者が昼間からDVDを閲覧などせず、
外に出て何か社会の役に立つ事をしたならば、
ニアリーイコール
もう一人の自分が生まれたに違いない。
そのもう一人の自分が現実なのかそれともこの
不健全に日記を書く自分こそが現実なのか。
一秒毎に生まれ変わり所在地を塗り替えはせど、
私も私もおそらく私も、
記憶を捨て自由になることは不可能だ。
縛り付けられる限り、どの次元においても全ては夢で全てはうつつ。
偽りとは人の為す事だ!
もうこうなったら”ジアース”と彼らに破壊してもらうしか!
大きいね、ジアース!
そんで次はJ.A.シーザーのサントラ(紙ジャケ)を買ってきます。
J.A.シーザーは少女革命ウテナで知りました。い く は ら !!
ポロロッカ逆流現象とは言い得て妙。

無受想行識ケラケラケラ
心無罣礙無罣礙故ケラケラケラ…


 
posted by 車輪の真上管理人 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

レディへとマイケミ

レディへとマイケミをゲットしてきました。
レディへは期待以上。KID Aをよりマイルドにしましたといったところかな?
マイケミはコレクションアイテムですな。
Gee直筆ジャイアント・ロボットが見れたし、まぁいいか!(適当)
Famous Last WordsとMAMAのがオススメ。

アルバム未収録2曲目に惚れた。

早くライブDVDでないかなー!

posted by 車輪の真上管理人 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

I'mNotOkay!

MCRliveandrare.jpg
マイケミのライブ盤、発売日ずれてたんか!
11月の発売日(21日だったかな)にレコード屋行って
撃沈してきたのに!撃沈したのに!
てっきり発売中止になったかと!

7曲、しかもうち2曲がアルバム未収録って。。
でもってiTunesストアで試聴したらやっぱり悶えた。
gee最高ですありがとうございます!!

でもエモのみなさんは喉がもたないようで、
ライブはけっこうしょんぼりな出来だと聞いたのですが。
来年しょっぱな日本くるぞとかガセネタもあったけど
気長に待ちますとも。ええ。
2009年は大河と共にマイケミの4枚目が待ち遠しいところです。
(某サイトで2009年を目標に曲作りしてるとかしてないとかインタビューが。英語よくわからないので適当に解釈してるけどあってんのかな?)

1 FAMOUS LAST WORDS (LIVE)
2 CANCER (LIVE)
3 HOUSE OF WOLVES (LIVE)
4 DEAD! (LIVE)
5 MY WAY HOME IS THROUGH YOU (アルバム未収録)
6 KILL ALL YOUR FRIENDS(アルバム未収録)

うむむ、ブラパもヘレナもないぞよ!
おいしい曲は後回しな繋ぎっぽいけど
CANCERのライブ版は捨てがたい…!!!
I


そしてレディオヘッドのプレス版が25日発売という事をすっかり忘れてた!
だめ人間!タワレコ逝ってきます。

posted by 車輪の真上管理人 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。