2007年11月04日

ゾムコンしてますか?

東宝シネマ六本木
女性4名でゾンビナイト(笑)

夜はもう寒いのですね。
六本木ヒルズの高台めちゃくちゃ冷える!
そんで薄着で行ったら哀れまれました(爆)
毎年言われてる気がする。あんた寒そうって
寒いですよー人生とか、色々(爆

ゾンビーノ

50年代のアメリカを彷彿とさせるファンタジータッチww
月夜の下の殺戮とかサウンドオブミュージックばりの大草原とか

「ショーン・オブ・ザ・デッド」に負けず劣らずのコメディ映画で☆3つ
確かにホラーって一歩間違えるとコメディだけど。
もうsawシリーズも3からはコメディだし。
バイオも3でコメディに転換したでしょww?

ゾンビの腐敗状況によって色んな色を出すのにこだわったそうですww
主人公のペットゾンビ・ファイドはけっこういい感じに腐敗ってる感じ。

そして主人公のママが何気にマトリックスのトリニティでびっくりした
キャリアに泥を塗ってませんか?大丈夫ですか?
それにしてもやっぱり演技上手いなぁと思うよー!

ファイドがいたwww
6980683_1020331369.jpg

6980683_728721967.jpg

6980683_296218358.jpg
タグ:ゾンビーノ
posted by 車輪の真上管理人 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

ロブスターのCM曲で有名な

071101_1829~0002.jpg071101_1829~0001.jpg
チケットがやっと届きました。

※というのもこのところのゴタゴタで納金し忘れてたのですよ〜

皇紀弐千六百六拾七年
鳥肌実
全国時局講演会
「奉納●演説」

12月23日、天皇誕生日に九段会館でございます。



話変わって
11月になったのでちょっと落ち着こうと
グレン・ミラーを聴いてます。

グレン・ミラーは知的な編曲が得意ですね。
ジャズにしてもやはり王道の
マイルス・ディビスやデューク・エリントンやルイ・アームストロングとかではなく、
グレン・ミラーやビックス・バイダーベックやチェット・ベイカーといった
ちょっと風変わり(失礼)なプレイヤーや編曲家が好きですね〜


あとはまぁ王道でソニー・ロリンズとかキース・ジャレットとかアート・ブレイキーとか

パド・パウエルは嫌と言うほど聴いたな〜


シンガーならニーナ・シモンもいいけどアニタ・オディがたまらなかったり
やっぱり好きのベクトルが微妙に王道ずれてますね…


ちなみにグレン・ミラーは1944年に飛行機事故で亡くなってますが、
グレン・ミラー・オーケストラは現存してます。

何気に日本で公演してるんですよね〜

これも機会があれば…と思ってるんだけど
やっぱり慢性的な仲間不足で敷居が高いぜこんちきしょ〜!!!

posted by 車輪の真上管理人 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

一人suedeのKOOK

KOOKという日本のアーティストがいるのをご存知でしょうか?

言うなれば「一人suede」な方で、
日本語をあたかも英語の様に、
しかも初期suedeブレット・アンダーソンばりの「あは〜ん」な
ボイスで聴かせてくれるのです。

suedeを聴きこみ過ぎて新たな曲が欲しい!と思っていた矢先に
the beautiful scumというアルバムを聴いたのですが、
まるでブレット&バーナードの黄金コンビ継続のままで
suedeが3rdアルバムを出しました〜!といったクオリティで、
(とはいえギターはどちらかというとバーナードを引き継いだリチャードっぽいですが)
どっぷりと浸ってしまったというわけです。

今のブレ兄も渋くて好きですが
「あは〜ん」な頃に戻って欲しいですなぁ、切に。
グラムロック万歳!

タグ:kook Suede
posted by 車輪の真上管理人 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

KULA SHAKER来日!

友人から聞きました!
KULA SHAKER来日します!

以下引用

06年に待望の復活を果たし、今年6月には遂に8年ぶりのオリジナル・アルバム『Strangefolk』をリリースしたUKの人気バンド、クーラ・シェイカーによる単独来日公演が決定しました! 今回、開催が予定されているのは東名阪の全3ヶ所。

チケゲットぐわんばる!



タグ:Kula Shaker
posted by 車輪の真上管理人 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

回復する夜

日曜日 新宿にて。
キュアー仲間Mちゃんと一緒に
The Cure Night行ってきました〜

■THE CURE NIGHT 〜Remember NAEBA !!!〜■
2007/10/21
Club Acid

ニューウェイブ系のイベントがちょくちょく開催されてる場所らしいですー
うわーいいないいな!もっと早く知ってればよかったー!
たまーに前を通るくらいで、初めて入るお店。
どきどき!

お店の前

店内

ぎゃー!スクリーンを見たら悶え死ぬ!!!と
Mちゃんと騒ぎまくり!

気合い入れてフジロック仕様のロバスミTシャツ着てったら
同じTシャツの方がいてテンションUP〜!

ニューウェイブの名曲群を挟んで大好きなキュアーが聴けるなんて幸せすぎです!
何気にThe SmithsのThe Boy With The Thorn In His Sideのアレンジにしびれましたー

途中トイレ行こうとしたら
The Caterpillar流れてきて思わずフロアに戻ったさ。
Mちゃんに爆笑されたさ!
そんなMちゃんはNINのthe hand that feedsがかかった途端に
テンションUPして大変な騒ぎでしたよ!
(NINは現メンバー解散したんで色々感慨深いんですよね〜)

楠本まきの「Kissxxxx」読んだとき(高校の頃やね)から密かな夢ありまして。

カノンとかめのちゃんがハロウィンパーティーで
「The Lovecats」かけて踊るシーンがあって
超楽しそう!思ってたのでございます。
で、The Lovecats流れてきて、
時期的もぴったりだしまさにそんな気分で
一人でキュンキュンしましたよ。

トイレ待ちしながらフジロックの話で盛り上がりました。
もうすぐ3ヶ月たつんだぁ。
あの夏の日の夜の事は今でも鮮明に覚えてて
一生消えない思い出だなぁと思います。

だけどそれを更新していかないと
”Pictures of you”にしてはいけないよね。
単独来日公演とか、勇気とお金がありゃ海外公演だって見にいけるんだし!!
(とはいえ日本で観る事に意義があると思うのですが。)
ライブの思い出をどんどん追加していきたいのでございます!

最後はキュアーだらけの40分だったらしく、
途中で帰らざるを得なかったのが悔やまれます。
次は最初から最後まで居座る所存でございます!
タグ:The Cure
posted by 車輪の真上管理人 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

エヴァンス兄弟

日曜日の夜の
「回復する宴」については後日まとめて〜!



リス・エヴァンスが新しいバンドでアルバムを出すらしいですね〜
で、ノエルが絶賛してると。
久しぶりにエヴァンス兄弟の名を目にしました。

エヴァンス兄弟は高校の頃のおいらのアイドルです。

きっかけは映画「ツインタウン」ですね。
当時「トレインスポッティング」まがいの作品がボコボコでてきてたんですよ。
その中でもまぁまぁの作品でした。
おいらの犬の名前をツインタウンに出てくる犬と同じにしようと思ったくらい。
(まぁ最終的に「ぬい」になったのですが!)

ノッティングヒルの恋人は友人に誘われ嫌々行ったんだけど
リス・エヴァンスが出てたから救われた(笑)

ケミカル51は無意識に見てた(笑)

スーパー・ファーリー・アニマルズのボーカルもしてましたね。


兄弟で俳優でバンドマンと言えば
ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッドのトレッダウェイ兄弟とか、熱いですね。

双生児の美形もゆる。

ついでに
ザ・ビショップスというバンドがあるんですが
こちらも双子のビショップ兄弟がかっこいいす。
音もなかなか好み。


サマソニ出てたマディーナレイクとか
サマソニ出られなかったグッシャとか
日本だと
フリーフォールオールや
ブラッドマンブロスとか、
双子バンドはそんなところかな?


って、
確かリス&リル・エヴァンスは双子じゃあなかったような(映画の役上は双子だったけど)

記憶がおぼろげ〜(ぬりかべのリズムで)


まぁ昔からかっこいい兄弟にニヤニヤしてたってことですw
posted by 車輪の真上管理人 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

エセユリスモール症候群

この世にエセユリスモール症候群がはびこっていると思うんですよね〜。

ブログで失恋や失敗を報告し
「泣いた」とか「まだ立ち直れない」とか
書き込んでいる人は間違いなく
「エセユリスモール症候群」に陥っていると思うわけで。


自分をユリスモールのように演出して同情をかい、
もし失恋した人なら「同情」を「愛情」と履き違える人をうまくひっかけ
容易く次の恋愛相手を手に入れるという算段。


例えば、
「気を紛らわせてくれる人連絡ください」とか。
私が見たケースだと
「だけどまだちょっと落ち込んでいるので優しくしてあげてください」と追記してたりして。


ほんとにヤバくて苦しくて辛い人は
ブログになんてわざわざ報告している暇なんてないし、
そんな「あざとい」文面書く余力なんてないはずなんですよね〜


それが『エセ』ユリスモールであるが所以なのですが!


そしてそんなブログに同情コメントを入れて
気持ちわかるよ、なんて言ってる人たちも
やはり同じ病なんだと。
エセユリスモール予備軍ってところか。
だから相手のあざとさに気がつかない。
お互いにドラマのヒーローヒロインを気取り
自己憐憫に浸りきって相手をまったくみないのです!
(あざとい手段は無意識的にやってのけているのが8割)


彼らがエセユリスモール症候群から抜け出すのはたやすくは無いのです!
エセユリスモール予備軍が書き込む同情コメントに対し
自分に向けてくれてるのではなく
書き込んだ人がそれぞれ己に転嫁して自己憐憫してるにすぎないと
自覚しなければならないから…

また予備軍も併せて自分の行動に気がつかないといけないけど、
多分それは無理な話。
だって人は人に対して「優しく」してる間は気分がいいからね!
(恐らく誰かに偽善者とつっこまれない限り気がつかないよね)



エセユリスモール症候群をみつけたら
「トーマの心臓」を読む様に勧めています。

”エセユリスモール状態から抜け出すには本当のエーリクとオスカーを見つけるべきだ”と

もちろんほんとのユリスモール状態になっちゃだめだけどね!
私はエーリクとオスカーになれるほどの人格者ではないので期待しないでねと追記して(笑)


ちょっと電波なお話ですいません。
漫画は時として言葉よりも雄弁に語るのです。


posted by 車輪の真上管理人 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

The Cure Night

新宿のCLUB ACIDにて
The Cure night参加してきました。

フジロックの余韻さめやらぬといったところで
初対面の方とも仲良くお話できて、
キュアーの名曲を聴けて幸せな空間でした。

ぜひ今度は単独で来てほしいですね〜!
タグ:The Cure
posted by 車輪の真上管理人 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

カウントダウンジャパン

久しぶりにジャパンカウントダウンを見ました。

ちょっとづつ(ほんとちょっとづつだけど)シーンは変わってるんだなぁ。
だけど正直
なんで流行っているのかわからない曲が半分くらい…
それはUSもUKもかわらないんだけど…ね
(つまり自分の好みの幅が狭い;)


カウントダウンダウンジャパンっていつの間に4日間開催になってたのですね。

まぁ大晦日は某逆三角形の展示場にいるのですがね(オタクばればれです)
posted by 車輪の真上管理人 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

チェスター骨折

リンキン・パークのチェスターが骨折したらしいです。

埼玉スーパーアリーナ行くのですが
多分ギブス状態のチェスターを拝むことになるんだろな〜と。

しかし、その日は某所で火縄鉄砲を試射するかもしれないので
行けるな微妙なのです…
posted by 車輪の真上管理人 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。